Home » 未分類 » 母と私のリハビリ奮闘記

母と私のリハビリ奮闘記ネクストリハビリテーション

category : 未分類 2014.7.29 

私と母のリハビリ奮闘記を笑いあり涙ありでお届けします。
長文で恐縮ですが、”5分ほどならばいいよ!”という方はぜひ読んでください。

私のリハビリへの想いが詰まっています。

133万9,000人の夢と努力

きゃーだれかー
その声にびっくりして駆け寄りました。

お母さんが倒れてる。
おかあさん。おかあさん。返事はありませんでした。

6年前の冬の昼下がり、おかあさんが倒れました。
お医者さんによると、脳出血という病気で、いつ意識が戻るかわからず、
程度はわからないが後遺症が残るとのことでした。

133万9,000人、それは、国内で脳疾患にかかった方の人数です。
おかあさんもその仲間入りをしたわけです。

「おかあさんに後遺症が残るなんて」どうしても認めたくない。
受け入れ難い現実でした。

数日後、意識が回復し、2週間後には一般病棟に移ったのですが、やはり、お母さんの右腕、右足はまったく動きませんでした。
「先生、お母さんは、また編み物がしたいと言っています!治りますか?」
「程度はわからないが、リハビリで動くようになりますよ」とのことでしたが、そんな甘いものではありませんでした。

1.入院中のリハビリ
その病院の看護体制はひどいものでした。
お母さんが具合が悪くなったときにナースコールを押すと、
看護師ではなく、食事の配膳のおばちゃんが来ます。
それだけでも十分に変ですが、さらに、なんでナースコールを押すんだ、
忙しいんだからいちいち押すんじゃないなどと説教されるのです。
これにはものすごく腹が立ちました。

最悪な病院ですよね。でもこれがお母さんには良かったのです。

こんなクソな病院は早く治って出ていってやると思い、お母さんは毎日一生懸命リハビリに励んだのです。そしたら、なんと少しづつ歩けるようになってきたでは
ありませんか。

2.病院に内緒でやったリハビリ
そんなお母さんを見ていて私は、早く治って欲しいと思い、何かリハビリの方法はないかと来る日もくる日も仕事が終わった後、深夜遅くまでインターネットで探し続けたのです。

そこで、出会ったのが鹿児島大学の教授が開発した促通反復療法というものでした。
今でこそNHKに取り上げられ、人気が殺到していますが、その当時はまったく無名でした。

これは、発症後2ヶ月の間にできるだけ手足を動かしてあげると、動かしたぶんだけ回復が早くなるという内容でした。
それをみて、私はこれだと思い、毎日、会社を早退して病院に通い、おかあさんの手足を動かしました。

そしたら、そのリハビリ方法をやったすぐ後に動かなかった手が動くようになったではありませんか。
おかあさんは、「手が動いたよ」といって喜んでいました。わたしはそれを聞いて涙がでました。
人の役に立った。これ以上の喜びはありませんでした。

幸い、その病院の管理体制は適当だったので、お母さんの手足を動かしていても咎められることはありませんでした。
同じ病室の人からは何をやっているのかと思われていたみたいですが、そんなの関係ありませんでした。
おかあさんに早く治って欲しい。そして、元気になってほしい一心でした。

そして、おかあさんの麻痺は、ぐんぐん良くなっていきました。医者に、思っている2倍の速度で治っていると言われました。

3.退院後の自宅でのリハビリ
 おかあさんは、絶対治ってやると、退院後も、毎日、リハビリを頑張りました。
 何時間も掛けて自宅の廊下を何往復も歩いたり、テーブルの上に置いた外国のいろいろなコインをひたすら裏返したり、
腕を上げては下げてを何十回も繰り返したりして、それは血のにじむような努力をしていました。
 いつよくなるかわからないし、治る保証もないのに普通の人が痛くて仕方が無いリハビリを文句も言わず地道に続けました。
 
そしたら、1年後、他の人は、腕が曲がったままで動かない人が大半だったのに、おかあさんは、病気になる前にやっていた編み物ができるほど指が動くようになったのです。

先週、国民栄誉賞の授賞式で長嶋茂雄さんがバットを空振りしましたが、あれはどうしてもまた野球をやりたいと、あきらめずに麻痺発症後9年間リハビリを続け、休んだ日は2日だけだったそうです。
だから驚異的な回復を遂げ、バットを振ることができることになったのです。

夢とあきらめない努力があれば、不可能なことも可能にできます。

みなさんの夢はなんですか?

また編み物がしたい、また野球がやりたい、その夢とあきらめない努力があれば、夢はかないます。

病気になったお母さんや長島茂雄さんでも夢をかなえているんです。

私たちにできないことはありませんよね。
忘れかけた夢がある方、今日からその夢始めてみませんか?


コメントフォーム

Copyright(c) 2014 ネクストリハビリテーション All Rights Reserved.